なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

昔マグロで今カープ、油津の町並み

宮崎県日南市にあるJR日南線ライオンズ南郷駅。f:id:imasara3:20210522152917j:plain

JR日南線カープ油津駅。f:id:imasara3:20210522153220j:plainそれぞれプロ野球のキャンプ地ですが、ここ油津はカープ商店街などで町をあげてカープを応援しています。f:id:imasara3:20210522153342j:plain

f:id:imasara3:20210522153318j:plain
f:id:imasara3:20210522153326j:plain

油津は古くは遣唐使船も寄港、漁業と飫肥杉の積出で大変賑わった港町です。そんな油津の町を散策してみました。f:id:imasara3:20210522153959j:plain町の中心部には運河が流れます。f:id:imasara3:20210522154716j:plain近くの公園には飫肥杉で造られた夢見橋。f:id:imasara3:20210522154734j:plain明治に造られた石橋、堀川橋。f:id:imasara3:20210522154745j:plain飫肥の山間部から切り出した飫肥杉を川を下り、掘削したこの運河、堀川運河から油津港まで運搬したとのことです。f:id:imasara3:20210522154810j:plain

港近くの油津1丁目には繁栄を今に語る興味深い建物がいくつか残されています。先に堀川資料館がありますが、残念ながらこの日は閉まっていました。f:id:imasara3:20210522155204j:plainマグロ通り。先端ある漁港から真っすぐ繋がっています。f:id:imasara3:20210522155501j:plain油津赤レンガ館。倉庫を市が管理して多目的スペースとして活用しているようです。f:id:imasara3:20210522155709j:plain

f:id:imasara3:20210522155726j:plainこのあたりは古い建物が並びます。f:id:imasara3:20210522155948j:plain

f:id:imasara3:20210522160513j:plain

f:id:imasara3:20210522160016j:plain

f:id:imasara3:20210522160024j:plain雰囲気良いですね。f:id:imasara3:20210522160033j:plain

f:id:imasara3:20210522160040j:plain

f:id:imasara3:20210522160047j:plain

f:id:imasara3:20210522160109j:plainここは旅館。f:id:imasara3:20210522160116j:plain

国道沿いへ。
杉本本店。金物屋のようです。3階建て銅板張り、素晴らしい見応えのある建物です!f:id:imasara3:20210522160427j:plain昭和7年、奥のレンガ倉庫は大正9年だそうです。f:id:imasara3:20210522160435j:plain

満尾書店。昭和4年だそうです。f:id:imasara3:20210522160810j:plainこれも古そうなんだけど調べてもわからず。。。f:id:imasara3:20210522160803j:plain

古そうな倉庫も残っています。これは問題になった会社が使っていたようですね。f:id:imasara3:20210522174837j:plainGoogleMapでは石倉倉庫とありました。現役なのかな?f:id:imasara3:20210522174924j:plain

港のはずれにあった花街通り。f:id:imasara3:20210522175121j:plainここに花街があったのかな?
f:id:imasara3:20210522175131j:plain

油津港に到着。車も停められるのでここを起点に街を廻るほうが効率良さそうです。f:id:imasara3:20210522175221j:plain

油津港は大型クルーズ船も停泊できるようですね。税関もあるようですし。

前回の飫肥城下町の賑わいもインバウンド観光客も多かったのでしょう。このあたり見どころも多いですし。何日間か使っていろいろ廻っても楽しめそうなところですね。

DATA  

この日の機材
SONY α7RⅡ
SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art


 行ったところ