なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

『出石の永楽館』近畿最古の芝居小屋は素晴らしかった。

12月初頭、出石にそばを食べに来たんだけど、町並みもぶらぶらしてみました。f:id:imasara3:20210126230303j:plain
中でも一番興味を魅かれた『永楽館』近畿最古の芝居小屋とのことです。f:id:imasara3:20210126230339j:plain入場料は400円。この日の出石観光で蕎麦以外でお金を使ったのは駐車場とここだけでした。中に入ると。。。愛之助さん。f:id:imasara3:20210126230551j:plainもう、ロビー?だけでも雰囲気良いです。f:id:imasara3:20210126230605j:plain

さて、中へ。f:id:imasara3:20210126230851j:plainこの看板いいですね。f:id:imasara3:20210126231024j:plain2階の客席からも。もっと広角が欲しかったですね。f:id:imasara3:20210126231100j:plain落語の会が開かれるようです。「ここで一席」ってやりたくなってしまいますw落語家はこんな感じで客席を見ているんですね。f:id:imasara3:20210126231730j:plain

受付で自由にご見学ください、とのことだったので、いろいろと。2階の楽屋へ。f:id:imasara3:20210127002304j:plainカヅラ部屋と楽屋のいくつか。f:id:imasara3:20210127002406j:plain

f:id:imasara3:20210127002437j:plain

f:id:imasara3:20210127002445j:plain2階からの客席。舞台天井は竹組。ここから花吹雪や雪を降らせるのでしょう。f:id:imasara3:20210127002553j:plain1階奥には五右衛門風呂。f:id:imasara3:20210127002751j:plain舞台袖からf:id:imasara3:20210127002840j:plain

f:id:imasara3:20210127002853j:plain

そして、奈落へ。f:id:imasara3:20210127002923j:plain

f:id:imasara3:20210127002950j:plain廻り舞台装置やセリ台装置なども見ることができます。f:id:imasara3:20210127003005j:plainちょうど花道の下あたりですね。下から飛び出すスッポンもありました。(写真ブレていたので割愛)f:id:imasara3:20210127003132j:plain

1階へ戻ります。昭和になると映画が中心になったようで、当時のポスターが掲示されていました。f:id:imasara3:20210127003544j:plain

f:id:imasara3:20210127003607j:plain

f:id:imasara3:20210127003620j:plainなかなか見ごたえのある所でした!f:id:imasara3:20210127003921j:plain

こちら兵庫県指定重要有形文化財ですが、国の重要文化財級でしたよ。調べると日本に古くから残されている芝居小屋のいくつかは国の重要文化財になっているみたい。その中でも、日本最古の芝居小屋はこちら。。。

www.naniwoimasara.com

DATA  

この日の機材

SONY α7RⅡ
フォクトレンダー COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical Vintage Line VM

 行ったところ