なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

和歌山・湯浅の「後の雛まつり」と「甚風呂」

f:id:imasara3:20201005165202j:plain湯浅に訪れると、「後の雛まつり」というイベントが行われていました。
春の桃の節句での雛人形イベントは、おそらく今年は中止だったのでは?雛人形しまい忘れると嫁に行き遅れるよってな伝説もあり何で今?Gotoも始まったし今なら、って実施しよう、など勝手な想像していましたが、大切な節句のイベントなのですね。大変失礼いたしました。
9月9日重陽の節句(菊の節句ともいうらしい)に「後の雛祭り」として雛人形を飾り、長寿の願いを込めるというもの。どうも江戸時代から関西中心の広まったイベントのようですね。

幾つかの商家にひな人形が飾られています。つるし雛は地元の方が作られたとか。f:id:imasara3:20201005171326j:plain

f:id:imasara3:20201005171405j:plain

f:id:imasara3:20201005171349j:plain

f:id:imasara3:20201005171356j:plain

甚風呂という昔の銭湯、いまは昔のくらしなどの展示がされています。f:id:imasara3:20201005173100j:plain

f:id:imasara3:20201005171834j:plain

f:id:imasara3:20201005171847j:plain雛まつり。f:id:imasara3:20201005171920j:plain

f:id:imasara3:20201005171931j:plain

f:id:imasara3:20201005171943j:plain

f:id:imasara3:20201005171948j:plain

f:id:imasara3:20201005172009j:plainお祭りも盛り上がりそうですね。f:id:imasara3:20201005172446j:plain甚風呂の他の展示もご紹介。f:id:imasara3:20201005172244j:plain

f:id:imasara3:20201005172252j:plain

f:id:imasara3:20201005172306j:plain

f:id:imasara3:20201005172319j:plain

f:id:imasara3:20201005172329j:plain

f:id:imasara3:20201005172334j:plain奥では子供たちがスタッフのかたが昔の遊びをレクチャー受けていて盛り上がっていました。f:id:imasara3:20201005172340j:plain高そう。。。f:id:imasara3:20201005172354j:plain

もともと銭湯だったので。。。f:id:imasara3:20201005172703j:plain

f:id:imasara3:20201005172721j:plainバックヤード、ボイラーを見ることができるのは嬉しい。f:id:imasara3:20201005172745j:plain

f:id:imasara3:20201005172754j:plain

湯浅のお昼は名物のしらす丼!もちろん湯浅の醤油でいただきます。f:id:imasara3:20201005174255j:plain滞在時間はそんなに長くなかったけど、街もいいし、人も良かった、なによりも空気がいい、時々来たくなる街ですね。湯浅良かったです!

最後に、夕日百選にもえらばれているという有田みかん海道展望台から湯浅湾を(夕日はこの時期ちょっと方角が違いましたw)f:id:imasara3:20201005172942j:plain

DATA  

この日の機材

SONY α7RⅡ
フォクトレンダー COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII VM 

 行ったところ