なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

大都会大阪にある日本のふるさと能勢町の棚田

前回前々回といわゆるB級スポット廻りましたが、若いころはB級スポット廻り専門でした。もともと旅は好きで青春18でローカール線の乗り鉄。途中駅で珍スポット探すみたいなことをコソコソやっていました。宝島、VOW、三才などの本を漁って、珍スポット、浅野祥雲、廃線、廃墟、廃城など。廃がつくところを廻ると思わず素晴らしい景色に出合うこともあります。歳のせいかさりげない景色にも心惹かれることが多くなってきました。コンデジや携帯では写真撮ってたまに投稿したりしていましたが、スマホになりライフログが流行ってだんだん写真を本格的に撮り始めるようになってきましたね。年取ってきて、良いところもけっこうあるよな、っていうか有名観光地ってほとんど行った事がない、ということで最近は死ぬまでに行っておきたい観光地巡りが中心、でも根っこの部分にあるB級というかちょっとマイナーでローカルな施設も好きなんですね。なので、AもBも興味ある所に行っているので、このブログもごった煮ですw

さて、大阪府能勢町。最近、車を乗り換えてandroidAUTOがナビ。最初は不安でしょうがなかったけど、思ったより使えます。GoogleMapしか使えないのだけど、スポット登録しておくとすぐ出てくるので便利。ただGoogleMapのナビは細い道だろが幹線道路だろうが構わず案内されます。f:id:imasara3:20200902010036j:plain棚田と田んぼに囲まれた道。これだけで感動です。

と、ここまではいいのですが、こんな道は普通に案内されます。f:id:imasara3:20200902010111j:plain

f:id:imasara3:20200902010115j:plainまあなんとか目的地に到着。でも駐車場ありません。ちょっと停めては写真撮ってすぐ動くという。。。ここは観光地ではなく、生活のための道路ですからね。f:id:imasara3:20200902010409j:plainちょっと登るととても素晴らしい景色。f:id:imasara3:20200902010415j:plain見事な棚田。f:id:imasara3:20200902010419j:plain石積の用水路。戦国時代から作られていたようです。f:id:imasara3:20200902010424j:plain

有名な、茅葺きと棚田のコラボレーションを2景。f:id:imasara3:20200902010434j:plain稲穂も色づき頭たれはじめているので、もうちょっとで稲刈りでしょうか。f:id:imasara3:20200902010435j:plainこの景色は本当に癒されます。そして静かです。荒んだ心も洗われる気持ちになります。

ちょうどNHK大阪で笑い飯の能勢町の旅番組の放送があるようですね。予告編でもここが映っていました。放送も楽しみです。

DATA  

この日の機材

SONY α7RⅡ
フォクトレンダー ULTRON 28mm F2 

 行ったところ

道は細く駐車場もありません。行かれる方は、生活や作業している方の邪魔にならないようお気を付けください。