なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

近江八幡を行く~ヴォーリズ建築の郵便局、自宅、学校~

近江八幡の町並みを散策していると、江戸時代末期からの商家のなかに、近代建築の建物も目立ちます。青い目の近江商人とも呼ばれているウィリアム・メレル・ヴォーリズによる功績が大きいのでしょう。f:id:imasara3:20200804224821j:plainヴォーリズは、もとは高校の英語教師として、またキリスト教の伝道師として来日。近江八幡に居を構え、布教において教会の建築に携わり、ほか学校、商業施設や個人宅なども設計。近江八幡にも多くの作品が今も残されています。またビジネス面でも英才を発揮。

そんなのヴォーリズ建築の「旧八幡郵便局」(1921年)です。f:id:imasara3:20200805002842j:plain今はヴォーリズ建築の資料が展示され無料で公開されています。f:id:imasara3:20200805002847j:plain

これは私書箱?f:id:imasara3:20200805002906j:plain

f:id:imasara3:20200805002901j:plain

玄関かどこかで使われていたのでしょうか?f:id:imasara3:20200805002941j:plain

f:id:imasara3:20200805002938j:plain陶器のようですが、壁材として活用されていたのでしょう。f:id:imasara3:20200805003022j:plain

f:id:imasara3:20200805002946j:plain

2階へ。f:id:imasara3:20200805002950j:plain

f:id:imasara3:20200805002959j:plain大正、昭和と同じ景色を見ることができます。f:id:imasara3:20200805003004j:plain窓が大きので室内は明るいですね。f:id:imasara3:20200805003008j:plain

f:id:imasara3:20200805003016j:plain

f:id:imasara3:20200805003018j:plain

f:id:imasara3:20200805003024j:plain

 

旧ヴォーリズ住宅(1931年)ヴォーリズの自邸として使用された建物をヴォーリズの記念館にしています。予約制で見学はできるようですが、この頃は予約受付していませんでした。電話で聞きましたが、予約開始も未定でまずは滋賀県民からと話をされていました。f:id:imasara3:20200805004303j:plain

f:id:imasara3:20200805004308j:plain

 

旧ヴォーリズ住宅の裏手にある、学校法人ヴォーリズ学園近江兄弟社中学校・高等学校。地元じゃ当たり前に感じていると思いますが、よそ者からみると凄いネーミング。f:id:imasara3:20200805005309j:plain

f:id:imasara3:20200805005314j:plain新しそうな建物も統一感があるので、一粒社ヴォーリズ建築事務所でしょうね。f:id:imasara3:20200805005320j:plain

ヴォーリズ建築って内部を見学できるところってあまりないんですよね。今でも使われていることが多いからなんでしょうけど、使われ続けているって素晴らしいですね。

DATA  

この日の機材

SONY α7RⅡ
Carl Zeiss Loxia 21mm F2.8
Carl Zeiss Loxia 85mm F2.4
 

 行ったところ