なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

はいからな「萬翠荘」

「はいからさんが通る」や「キャンディキャンディ」とかにでてきそうな洋館「萬翠荘」(妹の影響で見てました(笑))。美しい洋館です。

松山城の城山の裾野にある安藤忠雄設計「坂の上の雲ミュージアム」を少し登っていくと「萬翠荘」管理人舎そして本館へ。国の重要文化財にも指定されています。f:id:imasara3:20191111215908j:plain

1922年(大正11年)旧松山藩主の子孫・久松定謨伯爵の別邸として木子七郎設計で建てられたフランス・ルネッサンス様式の洋館「萬翠荘」。松山城の中腹くらいにあります。f:id:imasara3:20191111215925j:plain

大理石の玄関を入ります。f:id:imasara3:20191111215954j:plain

まずは1階の大広間。f:id:imasara3:20191111220051j:plain豪華なシャンデリアに引き込まれます。f:id:imasara3:20191111220101j:plain

f:id:imasara3:20191111220317j:plain

f:id:imasara3:20191111220331j:plain

ゲストルームはイベントで使われていたので、松山市出身の画家・八木彩霞の絵画とシャンデリアのみで。f:id:imasara3:20191111220338j:plain

f:id:imasara3:20191111233814j:plain

2階へ。素敵な階段です。f:id:imasara3:20191111220347j:plain
近代日本のステンドグラス製作者の第一人者である木内真太郎の作品とのこと。f:id:imasara3:20191111221057j:plain

踊り場からの1階2階です。玄関の荘厳な柱が目を引きます。f:id:imasara3:20191111220424j:plain廊下を挟んでいくつかの部屋がありますので紹介しましょう。f:id:imasara3:20191111220526j:plain

バルコニー側にある部屋には昭和天皇の肖像画が飾られています。f:id:imasara3:20191111220437j:plain

ここにも美しいステンドグラスがあります。f:id:imasara3:20191111220452j:plain

バルコニー。f:id:imasara3:20191111220651j:plain

f:id:imasara3:20191111220948j:plain

f:id:imasara3:20191111221016j:plain

この部屋で大正時代のちの昭和天皇が朝食を召し上がったそうです。
f:id:imasara3:20191111220716j:plainこの椅子にお座りになったのかもしれません。f:id:imasara3:20191111220734j:plain他の椅子も美しかった。f:id:imasara3:20191111220909j:plain

f:id:imasara3:20191111220915j:plain

屋根裏への階段。(HP見たら事前予約すると見せてくれるとか!)f:id:imasara3:20191111221621j:plain「萬翠荘」は別宅ということもあり、さほど広くはありませんが豪華です。

さて外に出てみましょう。和の庭園があります。この地は夏目漱石が下宿していた愛松亭跡。f:id:imasara3:20191111221227j:plain今は「愛松亭」の名を引き継いだカフェがあります。f:id:imasara3:20191111221342j:plain

f:id:imasara3:20191111221229j:plain

f:id:imasara3:20191111221242j:plain

ここでコーヒーと団子セットをいただきました。f:id:imasara3:20191111221245j:plain

ここは素晴らしい、惚れ惚れする洋館です。バラの季節、ライトアップ、さまざまな季節で来てみたいですね。

DATA  

この日の機材

SONY α7RⅡ

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art
フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical


行ったところ

公式HP:http://www.bansuisou.org/

入場料300円