なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)のアールデコ建築としての魅力~2階~ 「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」より

最後は2階を紹介しましょう。

1階とくらべると少し落ち着いた雰囲気、でも壁、床、天井、照明、家具、、、すべて素晴らしいです。

メインの第一階段をあがると、二階広間に。休憩用のイスがありフロア全体の写真は撮れなかったけど、天井照明が面白い。f:id:imasara3:20190818221120j:plain

このイスは歴史もんっぽく座れなさそうwf:id:imasara3:20190818222005j:plain

ちょうど玄関の上くらい?のシックな感じの若宮寝室。暖房器具カバーの魚模様が面白い。f:id:imasara3:20190818222244j:plain

合の間。ここも落ち着いた感じなのだけど、板床の模様が特徴的。f:id:imasara3:20190818222428j:plain

若宮居間。 大理石の暖炉?いやカバーがあるから暖房機器なのかな。丸柱も面白い。f:id:imasara3:20190818222708j:plain

ここが車寄せの上部になるみたい。f:id:imasara3:20190818222746j:plain

書庫。ここは両サイドに書棚があり長細い部屋。天井の星型が気になります。f:id:imasara3:20190818222952j:plain

書斎。ここは贅沢な造りですね。f:id:imasara3:20190818223123j:plain

f:id:imasara3:20190818223117j:plain

f:id:imasara3:20190818223531j:plain

殿下居間。壁紙が美しい。f:id:imasara3:20190818223241j:plain

f:id:imasara3:20190818223320j:plain

妃殿下寝室。落ち着いた部屋ですね。ゆっくり寝れそう。。。f:id:imasara3:20190818223436j:plain

妃殿下居間。大理石と暖炉カバーが素晴らしいのですが、鏡が大きくて他の人の映り込みがあり、なんとか使えそうなのがこの写真くらいでした。しかし鏡の多い御屋敷ですね。f:id:imasara3:20190818225044j:plain

ここは庭園側のバルコニー。円形に飾られたタイルも美しいですね。
f:id:imasara3:20190818224511j:plain

姫宮寝室。木材が基調の部屋だけど壁紙模様が凝ってますね。f:id:imasara3:20190818223911j:plain

姫宮居間。こちらも木材が基調の部屋だけど壁紙がストライプに。f:id:imasara3:20190818223913j:plain

北側ベランダ。サンルームっぽい。天井も明り取りが広いし。f:id:imasara3:20190818225540j:plain

f:id:imasara3:20190818224040j:plain

f:id:imasara3:20190818224045j:plain

ポスターにもなっている南側ベランダ。ここにイスも並んでいるんだけど、休んでいるのか撮影順番待ちなのかわからず。うまくタイミング見計らって撮りました。f:id:imasara3:20190818224149j:plain

f:id:imasara3:20190818224158j:plain

最後は特別公開のウインターガーデン。1回に9人までと決まっているようで、並びます。でも並ぶ価値あり。また制限時間もあるので慌ただしくなるけど譲り合いながら撮りましたね。f:id:imasara3:20190818225953j:plain

f:id:imasara3:20190818225958j:plain

f:id:imasara3:20190818230003j:plain

あまりにも写真撮りすぎたので4回に分けてアップしてみました。人気の展示会なのですね。お盆休みの金曜なので空いてるかと思いきや、かなり混んでいました。なるべく人が入らないように撮ろうとしても難しい。特にマニュアルレンズなのでピント合わせている間に人入り込んだり。。。慌てるとブレるし。。。

しかしライカ持っている人けっこういた!!!雰囲気は合いそう。 

写真は自己満足レベルだけど、ここ「東京都庭園美術館」は来た人皆が満足、大満足でした。次は来年なのかな? 

DATA  

この日の機材

SONY α7RⅡ

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

フォクトレンダー ULTRON 21mm F1.8 Aspherical

すべてRAW撮影、 Lightroom現像

行ったところ 

公式サイト:https://www.teien-art-museum.ne.jp/

「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」
観覧料:一般 900円(金曜17時以降は720円)