なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)のアールデコ建築としての魅力~1階~ 「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」より

さて、アール・デコ様式の内装を見ていきましょう。

まずは大広間。玄関から受付を通るとこの部屋へ。天井の照明が見事です。ぜひ全景を撮りたかったのですが、観覧者が多く正面のアーチ状の廊下までは撮れませんでした。壁が木材で落ち着いた感じです。この部屋の全景は見事すぎます。f:id:imasara3:20190818214827j:plain

大広間の庭側には次室。「香水塔」が中心に。床、壁、天井と鮮やかです。どうも設計当時は香水の香りと噴水のようになっていたようですね。f:id:imasara3:20190818215051j:plain

テラスのタイルが美しい。f:id:imasara3:20190818220458j:plain

大客室。まず目につくのはシャンデリア。天井の造形も美しいです。f:id:imasara3:20190818215234j:plain

そして、エッチングガラスの扉。うっとりとしてしまいます。f:id:imasara3:20190818215355j:plain

テラス側には古い家具。f:id:imasara3:20190818220714j:plain

さて大食堂へ。ここも照明が素晴らしい。f:id:imasara3:20190818215511j:plain

そして、家具とテーブルウェアが飾られています。f:id:imasara3:20190818215615j:plain

f:id:imasara3:20190818215631j:plain

大食堂は来賓をお迎えしての食事のようだけど、こちらは家族のための小食堂。すこし落ち着いた雰囲気です。f:id:imasara3:20190818220131j:plain

ちょっと可愛らしいテーブルウェア。f:id:imasara3:20190818220209j:plain

 

2階へ上がる階段は2か所のよう。

まずは奥にある第二階段。円形の明り取りが良い感じです。f:id:imasara3:20190818221442j:plain

f:id:imasara3:20190818221503j:plain

そして、来客者も使ったであろうメインの第一階段。階段も手摺も大理石です!f:id:imasara3:20190818220845j:plain

f:id:imasara3:20190818222132j:plain

この窓は素晴らしい。f:id:imasara3:20190818220915j:plain

2階ロビーの照明柱。f:id:imasara3:20190818220909j:plain

もう1階だけでも口あんぐりです。でも2階も素晴らしい!次回は2階へ。

DATA  

この日の機材

SONY α7RⅡ

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

 フォクトレンダー ULTRON 21mm F1.8 Aspherical

すべてRAW撮影、 Lightroom現像


行ったところ 

公式サイト:https://www.teien-art-museum.ne.jp/

「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」
観覧料:一般 900円(金曜17時以降は720円)