なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

名古屋 文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)

大正時代「日本の女優第一号」と言われた川上貞奴の居住していた和洋折衷の建物を移築復元とのこと。

 

貞奴の名前は知っていた。夫であった川上音二郎、川上音二郎一座は、私が今住んでいる茅ヶ崎でもゆかりがあり、のちのパートナー福沢桃介の木曽川のダムも見に行ったことがあります。そんな、ちょっとしたご縁があった二葉館です。

 

f:id:imasara3:20181014002749j:plain

 

f:id:imasara3:20181014002818j:plain

 

とても美しい外観。

 

そして内部は、素晴らしいステンドグラス!!!f:id:imasara3:20181014003007j:plain

 

f:id:imasara3:20181014003029j:plain

 

f:id:imasara3:20181014003038j:plain

 

 和室にはゆかりのものが陳列されており往年の栄華が偲ばれます。

 

f:id:imasara3:20181014003332j:plain

 

f:id:imasara3:20181014003344j:plain

 

f:id:imasara3:20181014003356j:plain

 

f:id:imasara3:20181014003404j:plain

 

 2階への階段への階段。ここのランプの工芸も見事。f:id:imasara3:20181014003607j:plain

 

 階上にもランプ。f:id:imasara3:20181014003707j:plain

 

窓から建物の外観みるとちょうど和洋折衷らしさが。。f:id:imasara3:20181014003740j:plain

 

この時代の設備、いろんな仕掛けがあったよう。f:id:imasara3:20181014003900j:plain

 

f:id:imasara3:20181014003912j:plain

 

f:id:imasara3:20181014003918j:plainここにもステンドグラスの装飾f:id:imasara3:20181014004000j:plain

 

実は天井の装飾も凝っている。寄木?これは珍しい。f:id:imasara3:20181014004035j:plain

 

2階には名古屋ゆかりの作家たちの資料館に。

 

この部屋は城山三郎の書斎を再現とのこと。f:id:imasara3:20181014004130j:plain

 

 とても美しい建物です。

 

 つぎは共通券の橦木館に向かいました。

 

 

 

 

 

この日の機材

 

SONY α7RⅡ

 

フォクトレンダー ULTRON 28mm F2

 

 

 

すべてRAW撮影、 Lightroom現像

 


行ったところ

 

 

 

  

 

www.futabakan.jp

 

 

 

 

 

撮影日

 

2018年10月