なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

重要伝統的建造物群保存地区

三階建の養蚕住宅『養父市大屋町大杉伝統的建造物群保存地区』

いきなりレンズの話で恐縮ですが、半年くらい前フォクトレンダーのUltron21mmを売ってカラスコの21mmと35mmを購入。カラスコ21mmはいまいちでちょっと合わない。35mmは良いんだけどなんか物足りない。。。って感じで、ここにきて廃版のUltron35mmが中古で出…

白馬村青鬼~棚田のひろがる山村集落~

長野県白馬村青鬼。糸魚川方面から車で1時間くらい。途中までは国道なので快適です。青鬼集落に入る道は糸魚川方面からは案内が小さくて一度通り過ぎてしまいました。長野方面から少し大きめの案内が出ています。山道で狭い所もありますが割とすぐに集落に着…

赤岩集落~養蚕の里~

群馬県には世界遺産があります『富岡製糸場と絹産業遺産群』。当初は4市3町1村の10件の文化財群で構成されていたのが最終的に4件の構成資産が選定されています。その選から漏れてしまったひとつがここ『中之条町六合赤岩伝統的建造物群保存地区』。重伝建に…

赤瓦の北前船の里『加賀橋立』

石川県加賀市橋立。北前船の船主集落が加賀橋立重要伝統的建造物群保存地区として守られています。 ちょっと広めの観光駐車場に車を停めて、町並みへ。北前船の里資料館の横を通ります。17時を廻っていたの閉まっていましたが。。。 蔵六園。北前船船主の御…

赤瓦と煙出しの里『加賀東谷』

石川県加賀市から山中温泉方面の山間部、ここに赤瓦と煙出しの里の加賀東谷があります。江戸の藩政の時代から林業と製炭業で栄えており、明治前期から昭和30年代までに建てられた赤瓦に煙出しを備えた主屋が周辺の田畑や豊かな自然環境とともに残され、平成…

和歌山・湯浅の「後の雛まつり」と「甚風呂」

湯浅に訪れると、「後の雛まつり」というイベントが行われていました。春の桃の節句での雛人形イベントは、おそらく今年は中止だったのでは?雛人形しまい忘れると嫁に行き遅れるよってな伝説もあり何で今?Gotoも始まったし今なら、って実施しよう、など勝…

醤油のふるさと和歌山・湯浅

古の時、熊野古道の宿場町であった紀州湯浅。湯浅湾に面した静かな町です。 醤油が湯浅で造られるようになった歴史は、 覚心(法燈国師)が、建長6年(1254)に宋から金山寺味噌の醸造方法を伝えていますが、醤油造りはそれからまもなくのことでした。味噌造…

神戸北野異人館のはずれにある『海外移住と文化の交流センター』

神戸が続いたので、ついでに3年前の訪れたときのこと。 山本通りを歩いていると洋館や少し古い建物も多くあります。 その先に役所?学校?のような建物が、それが『海外移住と文化の交流センター』です。 1928年設立の国立移民収容所は神戸移住教養所、外務…

神戸北野異人館をAPO-LANTHAR 90mmと行く『街並み編』

今なら「KOBE観光スマートパスポート」という超お得なフリーパスがあったらしい。コロナ対策で『神戸で観光を楽しむ当日に購入すれば、この企画に参加する市内有料観光施設(60施設)が1日フリーパス (1Day PASSPORT 2,000円)となります(2Day PASSPORTの…

秋はすぐそこ、かやぶきの里北村・京都美山

死ぬまでに一度は来てみたかった『京都美山 かやぶきの里』ようやく訪れることができました。茅葺き集落はいくつか廻っていますが、五箇山菅沼・相倉集落は素晴らしかった。白川郷大内宿も集落は良いんだけどちょっと観光客が多すぎ。で、ここ京都美山は程よ…

近江八幡を行く~近江商人の街並み~

近江八幡の新町通り周辺は近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区として選定されています。江戸時代末期から明治にかけて建築された商家が並ぶ道が多くあります。当時の繁栄ぶりを感じることができます。 近江八幡は本能寺の変後、豊臣秀次が八幡城城主になっ…

近江八幡を行く~八幡堀~

7月中旬に訪れた近江八幡を、何回かに分けてアップしていきます。6月中旬くらいから湖東エリアを廻っているけど、やはりここが一番の観光地ですね。さすがに海外からの旅行客や団体客はいないようですが、そこそこ観光客は来ていました。なんか安心します。…

近江商人のふるさと五個荘金堂の町並み

(ちょっと間が開いたけど)前回に続き、滋賀県東近江市五個荘です。近江鉄道五個荘駅から20分くらい歩き五個荘金堂の町並みへ。 ここは水路が特徴的。 平成10年(1998)12月25日、五個荘金堂の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。 選…

京都四条大橋から産寧坂までぶらぶらと

修学旅行やインバウンドに超定番の有名観光地をいまのうちに廻ってしまいましょシリーズ第5弾。最近は日本人や国内にいる外国人の観光客が増えてきました。昨日で移動自粛解除で、もはや「いまのうちに」ではなくなってきました。。。なのでこのシリーズはい…

埼玉の小江戸「川越」そして川越氷川神社

毎年夏に訪れていた埼玉県川越市。ここ最近観光客が激増しているような気がします。昔から有名だった「蔵造りの町並み」や「菓子屋横丁」に加え、なんとか通りやら裏川越やらで、かなり人気なようです。 菓子屋横丁へ ちょっと裏に入ると普通の古い町並みで…

夜の川越「蔵造りの町並み」

実家の都合でここ数年の夏は埼玉に帰っていました。その合間に訪れていた埼玉を代表する観光地、川越。 まずは2016年の様子から。この日は雨でした。。。 洋館も並びます。 歩道も狭く通行する人の迷惑になるので三脚立てるのはちょっと難しいです。西武鉄道…

ひがし茶屋街・主計町茶屋街

今回も金沢市。2016年7月に訪れたひがし茶屋街・主計町茶屋街です。仕事帰りで18時過ぎ主計町に到着、陽が長い時なのでまだ夕方でした。 橋を渡って東山へ。 ちょっと裏道へ メインの通りに戻ってきました。 再び浅野川大橋を渡り、主計町へ。浅野川に架かる…

白山市白峰伝統的建造物群保存地区

ここのところの自粛により遠出がままならぬこの機会に、2016年ごろから訪れた場所で、もう一度行きたいけどなかなか行けない、ここのブログでアップしていない所をアップしていきます。 今回は2017年3月下旬に訪れた白山市白峰伝統的建造物群保存地区です。…

弘前城下町なかちょう

弘前市仲町伝統的建造物群保存地区 弘前城の城下町は、南北に長く東西に短いほぼ矩形の弘前城を、自然地形を活かしながら四方から取り囲むように配置された。今は搦手門となっている北門(亀甲門)が当初の弘前城の大手門であり、その北側に亀甲町と呼ばれる…

木造アーケードの中町こみせ通り

青森県黒石市。ここに黒石市中町伝統的建造物群保存地区があります。重伝建に興味を持ち始めてから一度は来てみたいと思っていたのが、ようやく叶いました。 『こみせ』とは冬の吹雪や夏の暑さを防ぐための木造のアーケードのこと。これほどの規模で残ってい…

妻籠宿(つまごしゅく)

妻籠宿。『つまごしゅく』と読みます。ずっとつまごめ、って思いこんでいたのでいざネットで検索しようとしたら出てこない。。。妻って打って馬籠(まごめ)って打って馬を消す、みたいな方法で検索してました(笑) で、ここ妻籠宿は日本初の重要伝統的建造物…

奈良井宿

前回は夜の奈良井宿を紹介しましたが、今回は昼の奈良井宿を。 奈良井宿は中山道六十九次の中で丁度真ん中の宿場町だそうです。標高も高く山の中にあるので雪の宿場町も期待していました。実際にこの日の天気予報でも長野は雪でした。ただ長野って広いんです…

夜の奈良井宿をLoxiaで撮る。

年明け初の投稿になります。本年もよろしくお願いします。 年末年始を実家で過ごし帰宅前に約2日間の時間が取れたので木曽路を廻ってきました。とは言っても奈良井宿に着いたのは6時すぎ。辺りは真っ暗でした。駐車場も入れないかと不安もありましたが24時間…

2泊3日長崎の旅。2日目「夜のグラバー園」

長崎の旅2日目の夜です。 9月13日(金)18:30 再びグラバー園へ。この頃はグラバービアガーデンマルシェ2019/夏季特別夜間開園として21:30まで開園していました。昼も610円払って夜もライトアップされた洋館を見たかったので610円払いました。でも観光地にし…

2泊3日長崎の旅。2日目「オランダ坂そして東山手の町並み」

長崎の旅2日目の続き。 9月14日(土)12:30くらい。グラバー園に後にし、石橋電停を通り過ぎオランダ坂へ。 江戸幕府末期に「外国人居留地」として造成された今のグラバー園あたりの南山手は洋風住宅や教会などが佇む優雅な多国籍居住地へと発展し、東山手は…

2泊3日長崎の旅。2日目「グラバー園」Pert2

長崎の旅2日目の続き。 9月14日(土)10:30くらい~12:30くらい。グラバー園にはおおよそ2時間程度いたようです。前のブログで半分くらい紹介しましたので後半を。 旧ウォーカー住宅。移築されたようですが、もともと大浦天主堂の近くにあって昭和33年くらい…

2泊3日長崎の旅。2日目「グラバー園」Pert1

長崎の旅2日目です。 9月14日(土)朝 長崎市電(この呼び名でいいのかな?)の1日券はスマホで「長電アプリ」をダウンロードしてau決済で購入(http://www.naga-den.com/publics/index/11/にQRコードあります)。乗り降りは画面を見せるだけという超優れ…

長崎街道の宿場町「塩田宿」そして川港「塩田津」

佐賀県嬉野市塩田町。 ここは江戸時代に長崎街道の宿場町「塩田宿」、また有明海の干満の差を利用した川港「塩田津」として町は大変賑わっていました。今は「塩田津伝統的建造物群保存地区」として守られ、新たな賑わいも見せようとしています。 国道から一…

鹿島市浜庄津町浜金屋町伝統的建造物群保存地区

肥前浜宿にある2地区の重要伝統的建造物群保存地区がありますが、もうひとつの「鹿島市浜庄津町浜金屋町伝統的建造物群保存地区」を紹介しましょう。 とは言っても、見所はよくアップされているここくらい。 なんせ普通に生活している。 もともと港町として…

酒蔵通り「肥前浜宿」

魔界への誘い(いざない)。なんともおどろおどろしい名前の芋焼酎。 ちょっとクセあるけど、まろやかで飲みやすい。関東の居酒屋では置いてある店も少なく、少し高い部類のほうにあるけど、美味しいです。 ここ佐賀県鹿島市の肥前浜宿(ひぜんはましゅく)…