なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

近代建築

フランク・ロイド・ライト設計「ヨドコウ迎賓館」

ちょうどNHKでライト絡みのドラマやるみたい。 ここヨドコウ迎賓館は、山邑家別邸として1918年(大正7年)にアメリカが生んだ近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトによって設計されました。ここも世界遺産にもなるとかならないとか。この時期「雛人形展」…

ジブリのモデル「盛美園」

青森県平川市にある国指定名勝「盛美園」。スタジオジブリ「借りぐらしのアリエッティ」の舞台モデルになったとのこと。 明治時代の三大庭園のひとつ、庭津軽地方に数多く見られる武学流の庭園、そして庭園を鑑賞するために建てられた和洋折衷洋式の建物『盛美…

旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)

前回、弘前の近代建築巡りアップしましたが、その中の一つ、旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)に入ってみました。 1904(明治37)年に建てられた、弘前を代表する建築家『堀江佐吉』の代表作、ルネッサンス風の堂々たる2階建の洋館で、旧国立第五十…

弘前の近代建築巡り

弘前の見どころって、弘前城、桜、ねぷた。。。だいたいそのあたりが一般的。ホテルに置いてあるガイドマップには洋館、神社仏閣、岩木山、白神山地、そしてりんご、見所がたくさんありすぎです。今回はそのなかでも洋館巡りをしてみました。 弘前で洋館?最…

冬の藤田記念庭園

藤田記念庭園、弘前城公園の横にある邸宅と庭園。藤田さんって?弘前市出身の藤田謙一氏、日本商工会議所初代会頭に就任、日本屈指の財界人として活躍した実業家。勅選貴族院議員とのこと。いわゆる名士ですね。 ここの喫茶室が評判よさそうだったので、寄っ…

中山道木曽路近代化遺産を行く

今回の旅は中山道木曽路の主要な宿場町巡りでした。泊ったのは棧温泉旅館という昭和レトロな温泉宿。最新の設備はなくトイレも共同。でもスタッフも気持ちよく迎えてくれて、いいお湯でした。 ◇廃線跡 温泉宿の目の前、ここは木曽の桟(かけはし)という名所…

横浜山手西洋館『世界のクリスマス2019』part2

今日は12月25日クリスマスですね。 横浜山手西洋館『世界のクリスマス2019』の続きです。 山手イタリア山庭園へ。 ◇ブラフ18番館はオーストリア共和国のクリスマス 食器も素晴らしいです。 キャンディボックス? お酒? 寝室にはギターが。オーストリアは音…

横浜山手西洋館『世界のクリスマス2019』part1

今日は12月24日クリスマスイブですね。 溜まった写真の整理しているけど、先に季節ものを出しておきます。 ダッシュボードに今週のお題「クリスマス」ってあるし。横浜山手西洋館『世界のクリスマス2019』です。ここのところ毎年訪れていますが、もう20回目…

辰野金吾設計「奈良ホテル」

今回は、東京駅日本銀行など名だたる作品を残した辰野金吾設計の奈良ホテルです。 奈良女子大を後に街をぶらぶら。ならまちのヒサゴ屋食堂でランチ食べてから、奈良ホテルへ。 敷地からも行ける庭園や教会を通り抜けて。ならまちや奈良公園の人の多さとは打…

奈良女子大学記念館

奈良女子大学記念館(旧奈良女子高等師範学校本館)です。官僚建築家である山本治兵衛の設計によって明治41年(1909年)10月に竣工。国の重要文化財に指定されています。 春と秋にそれぞれ1週間程度一般公開されているとのことで11月頭に行ってきました。ち…

ノートルダム女学院・和中庵

哲学の道を歩いていると、結構古めの建築が目に留まります。 昭和初期くらいの竣工でしょうか。いまでも大切に住まわれているようですね。 さて、今回はノートルダム女学院・和中庵です。 和中庵とは「和中庵」は滋賀県近江五箇荘(ごかしょう)出身の繊維製…

江戸東京たてもの園ライトアップ(昨年の様子です)Part2

江戸東京たてもの園ライトアップ今年も実施されますね。 11月22日[金]~24日[日] 夜間特別開園紅葉とたてもののライトアップ 16:30~20:00(開園は9:30、入園は19:30まで) https://www.tatemonoen.jp/event/page/2019_lightup.php(割引クーポンあ…

江戸東京たてもの園ライトアップ(昨年の様子です)Part1

江戸東京たてもの園ライトアップ今年も実施されますね。 11月22日[金]~24日[日] 夜間特別開園紅葉とたてもののライトアップ 16:30~20:00(開園は9:30、入園は19:30まで) https://www.tatemonoen.jp/event/page/2019_lightup.php(割引クーポンあ…

愛媛県庁舎

ひとつ前に紹介した「萬翠荘」と同じ木子七郎設計の愛媛県庁本館。今回はちょっとお堅い施設で。 見事な外観です。入口の守衛さんに見学大丈夫ですか?と聞いたらOKとのこと。 後ろの山は松山城。県庁など古くからの公共の施設は城跡や藩主の旧跡にあること…

はいからな「萬翠荘」

「はいからさんが通る」や「キャンディキャンディ」とかにでてきそうな洋館「萬翠荘」(妹の影響で見てました(笑))。美しい洋館です。 松山城の城山の裾野にある安藤忠雄設計「坂の上の雲ミュージアム」を少し登っていくと「萬翠荘」管理人舎そして本館へ。…

2泊3日長崎の旅。2日目「夜のグラバー園」

長崎の旅2日目の夜です。 9月13日(金)18:30 再びグラバー園へ。この頃はグラバービアガーデンマルシェ2019/夏季特別夜間開園として21:30まで開園していました。昼も610円払って夜もライトアップされた洋館を見たかったので610円払いました。でも観光地にし…

2泊3日長崎の旅。2日目「オランダ坂そして東山手の町並み」

長崎の旅2日目の続き。 9月14日(土)12:30くらい。グラバー園に後にし、石橋電停を通り過ぎオランダ坂へ。 江戸幕府末期に「外国人居留地」として造成された今のグラバー園あたりの南山手は洋風住宅や教会などが佇む優雅な多国籍居住地へと発展し、東山手は…

2泊3日長崎の旅。2日目「グラバー園」Pert2

長崎の旅2日目の続き。 9月14日(土)10:30くらい~12:30くらい。グラバー園にはおおよそ2時間程度いたようです。前のブログで半分くらい紹介しましたので後半を。 旧ウォーカー住宅。移築されたようですが、もともと大浦天主堂の近くにあって昭和33年くらい…

2泊3日長崎の旅。2日目「グラバー園」Pert1

長崎の旅2日目です。 9月14日(土)朝 長崎市電(この呼び名でいいのかな?)の1日券はスマホで「長電アプリ」をダウンロードしてau決済で購入(http://www.naga-den.com/publics/index/11/にQRコードあります)。乗り降りは画面を見せるだけという超優れ…

薬のまち「宇陀松山」

重要伝統的建造物群保存地区「宇陀松山」。 織田家が開いた宇陀松山藩の陣屋町として栄え、薬問屋を中心に昭和まで賑わい、現在もその風情を残す、奈良県宇陀市大宇陀地区。そんな町並みをご紹介します。 「薬の館」今は資料館のようです。 森田家住宅。明治…

ブログ再開、そして新しいレンズ。

いままで、はてなスターで「いいな」いただいていた方々、ありがとうございます。はてなブログのIDとドメインを変えて再出発しました。もし目に留まることあれば、また覗いてみてください。 たまにGoogle検索で来てくれている人もいたのですが、これは振り出…

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)のアールデコ建築としての魅力~2階~ 「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」より

最後は2階を紹介しましょう。 1階とくらべると少し落ち着いた雰囲気、でも壁、床、天井、照明、家具、、、すべて素晴らしいです。 メインの第一階段をあがると、二階広間に。休憩用のイスがありフロア全体の写真は撮れなかったけど、天井照明が面白い。 こ…

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)のアールデコ建築としての魅力~1階~ 「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」より

さて、アール・デコ様式の内装を見ていきましょう。 まずは大広間。玄関から受付を通るとこの部屋へ。天井の照明が見事です。ぜひ全景を撮りたかったのですが、観覧者が多く正面のアーチ状の廊下までは撮れませんでした。壁が木材で落ち着いた感じです。この…

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)照明器具・家具の魅力 「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」より

東京都庭園美術館の「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」。今回は、室内を構成する要素―木材や石材、タイル、壁紙、家具など―に焦点を当ててのことですが、アール・デコ様式の装飾、特に照明が豪華かつ美しく、うっとりとが鑑賞していまし…

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)の建築としての魅力 「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」より

目黒駅に貼ってあるポスターに魅かれて東京都庭園美術館に行ってきました。ポスターはこれに似た構図です。反対側から撮っていてハイキーでしたが、自分の写真はピントも甘かったのでローで仕上げてみました。(この写真のみアポランター65mm) 本展は、1933…

『和のあかり×百段階段2019 ~こころの色彩~』懐かしくもあり。

今回はミニチュア作品もありました。 表情豊かで、どんな話しているのかな、とか想像してしまいます。ちょっと楽しくなりますね。 『和のあかり』のテーマのなか、作者の個性も光りますね。 ここが『 ~こころの色彩~』なのかも? この作品は昨年もありまし…

「旧三井家下鴨別邸」昼の顔、夜の顔。

この日、京都に行ったのは下鴨神社のみたらし祭と、もう一つの目的は「旧三井家下鴨別邸」夜間特別公開でした。 旧三井家の別邸で重要文化財にもなっています。 建物も素晴らしいですが、細かなところにもこだわりがあります。 硝子の多くが大正時代のまま。…

蔵のまち半田をぶらぶらと

酒や酢などの醸造業と海運によって江戸の食卓を支えたといわれる半田。運河沿いには黒壁の蔵が並びます。 ミツカンの街です。ランチ食べたお店の前が本社でした。ランチはおしゃれなまぐろ漬け丼。 すぐ横に、予約制らしいので入らなかったけど、MIZKAN MUSE…

半田赤レンガ建物のビフォーアフター

ジブリ映画『風立ちぬ』、一部で話題になったカブトビール。ここは、旧カブトビール半田工場でしたが、いまは登録有形文化財、近代化産業遺産に認定されて観光スポットにもなっています。 今はとても綺麗になっていますが、2014、15年に耐震補強と改修工事が…

横浜山手西洋館『ひなまつり装飾』をMACRO APO-LANTHAR 110mmで撮ってみた。

横浜山手西洋館『ひなまつり装飾』へいってきました。 ひなまつりなので『和』がテーマ。ひな人形、和のテーブルウェアなどなど、各館は様々に凝った装飾されていましたね。 ◇いろいろなおひなさま ◇着物や帯も装飾されていました。 ◇和とテーマとした小物 ◇…