なにをいまさら…

α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/町並み/さまよい/さすらい/日常

三階建の養蚕住宅『養父市大屋町大杉伝統的建造物群保存地区』

いきなりレンズの話で恐縮ですが、半年くらい前フォクトレンダーのUltron21mmを売ってカラスコの21mmと35mmを購入。カラスコ21mmはいまいちでちょっと合わない。35mmは良いんだけどなんか物足りない。。。って感じで、ここにきて廃版のUltron35mmが中古で出…

白馬村青鬼~棚田のひろがる山村集落~

長野県白馬村青鬼。糸魚川方面から車で1時間くらい。途中までは国道なので快適です。青鬼集落に入る道は糸魚川方面からは案内が小さくて一度通り過ぎてしまいました。長野方面から少し大きめの案内が出ています。山道で狭い所もありますが割とすぐに集落に着…

赤岩集落~養蚕の里~

群馬県には世界遺産があります『富岡製糸場と絹産業遺産群』。当初は4市3町1村の10件の文化財群で構成されていたのが最終的に4件の構成資産が選定されています。その選から漏れてしまったひとつがここ『中之条町六合赤岩伝統的建造物群保存地区』。重伝建に…

赤瓦の北前船の里『加賀橋立』

石川県加賀市橋立。北前船の船主集落が加賀橋立重要伝統的建造物群保存地区として守られています。 ちょっと広めの観光駐車場に車を停めて、町並みへ。北前船の里資料館の横を通ります。17時を廻っていたの閉まっていましたが。。。 蔵六園。北前船船主の御…

赤瓦と煙出しの里『加賀東谷』

石川県加賀市から山中温泉方面の山間部、ここに赤瓦と煙出しの里の加賀東谷があります。江戸の藩政の時代から林業と製炭業で栄えており、明治前期から昭和30年代までに建てられた赤瓦に煙出しを備えた主屋が周辺の田畑や豊かな自然環境とともに残され、平成…

和歌山・湯浅の「後の雛まつり」と「甚風呂」

湯浅に訪れると、「後の雛まつり」というイベントが行われていました。春の桃の節句での雛人形イベントは、おそらく今年は中止だったのでは?雛人形しまい忘れると嫁に行き遅れるよってな伝説もあり何で今?Gotoも始まったし今なら、って実施しよう、など勝…

醤油のふるさと和歌山・湯浅

古の時、熊野古道の宿場町であった紀州湯浅。湯浅湾に面した静かな町です。 醤油が湯浅で造られるようになった歴史は、 覚心(法燈国師)が、建長6年(1254)に宋から金山寺味噌の醸造方法を伝えていますが、醤油造りはそれからまもなくのことでした。味噌造…

明るい廃墟『旧太子駅』

前回に紹介した吾妻線。戦時中に採掘された鉄鉱石の輸送のための路線として開業(まあ開業したのは1945年。。。)今は草津万座などへの玄関口になっているが、このまま長野に抜ける計画もあったらしい。ただこの辺りは火山地帯、また鉱山も多く延長は断念、…

閉された鉄路と観光地化された八ッ場ダム

9月の4連休、所用で関東に行くことになり、車で大阪から神奈川、埼玉で所用済ませて、草津温泉でも行こうかと群馬へ。 10年くらい前のリーマンショック前後でしたが、高崎前橋勤務だったのでちょっとだけ地の利はある。ちょうど八ッ場ダム不要論が湧いて街宣…

神戸北野異人館のはずれにある『海外移住と文化の交流センター』

神戸が続いたので、ついでに3年前の訪れたときのこと。 山本通りを歩いていると洋館や少し古い建物も多くあります。 その先に役所?学校?のような建物が、それが『海外移住と文化の交流センター』です。 1928年設立の国立移民収容所は神戸移住教養所、外務…

神戸北野異人館をAPO-LANTHAR 90mmと行く『うろこの家・展望ギャラリー』編

最後は『うろこの家・展望ギャラリー』。もう17時過ぎ。ざっと見て回りましょう。 ドイツ人が住んでいたらしいが庭にはロンドンの電話ボックス。いのししの鼻をなでるといいことあるらしい。が、みんな鼻の穴に指を入れる。 さて、中に入ります。結構落ち着…

神戸北野異人館をAPO-LANTHAR 90mmと行く『山手八番館』編

ベンの家からかなりきつい坂おだんだ坂を息を切らせながら登り『山手八番館』へ。入口からして彫刻品が。 中に入る。電気スタンドにファラオさんw 他はどうなんだろう。 ここは美術館?本物? ちょっとだけ洋館っぽく。 R2D2とC3PO。 このサターンの椅子に…

神戸北野異人館をAPO-LANTHAR 90mmと行く『ベンの家』編

英国館のとなりの洋館長屋(仏蘭西館)はお休みとのことで、、のまた隣の『ベンの家』へ。ドイツの煉瓦だそうです。イギリス、フランス、ドイツと並んでいるけど仲良かったのかな?世界平和を思いながら中へ。 わっ、白熊、はく製。。。 博物館ですね、これ…

神戸北野異人館をAPO-LANTHAR 90mmと行く『英国館』編

『英国館』は明治42年(1909年)の建築だそうです。 ここはいろいろな方のブログ等見てきてみたかったところ。入口は入ると、このバーカウンターみたいなところ。でもみんなの写真ここじゃない。イギリスっぽい?重厚感のあるインテリア。 ここですね。正面…

神戸北野異人館をAPO-LANTHAR 90mmと行く『街並み編』

今なら「KOBE観光スマートパスポート」という超お得なフリーパスがあったらしい。コロナ対策で『神戸で観光を楽しむ当日に購入すれば、この企画に参加する市内有料観光施設(60施設)が1日フリーパス (1Day PASSPORT 2,000円)となります(2Day PASSPORTの…

『日本民家集落博物館』で全国の民家を巡る。

ここは日本最初の野外博物館。日本各地の民家を移築復元した野外博物館、川崎や東京たてもの園など同じコンセプトの施設はいくつかありますが、ここ『日本民家集落博物館』も良かったです。 前回紹介した以外の他全国各地の民家を。とは言ってもここは北は岩…

日本最初の野外博物館『日本民家集落博物館』関西編

御堂筋線から繋がっている鬼のパンツが発車メロディーの北大阪急行電鉄「緑地公園」駅。近くだけど初めて降りました。空港や万博公園に行くときに北大阪急行電鉄は時折使うけど電車賃高いのでこの線使うのはほんとに時折。で「緑地公園」駅にある「服部緑地…

秋はすぐそこ、かやぶきの里北村・京都美山

死ぬまでに一度は来てみたかった『京都美山 かやぶきの里』ようやく訪れることができました。茅葺き集落はいくつか廻っていますが、五箇山菅沼・相倉集落は素晴らしかった。白川郷大内宿も集落は良いんだけどちょっと観光客が多すぎ。で、ここ京都美山は程よ…

大都会大阪にある日本のふるさと能勢町の棚田

前回前々回といわゆるB級スポット廻りましたが、若いころはB級スポット廻り専門でした。もともと旅は好きで青春18でローカール線の乗り鉄。途中駅で珍スポット探すみたいなことをコソコソやっていました。宝島、VOW、三才などの本を漁って、珍スポット、浅…

仏教のテーマパーク?ご利益だらけの寶珠山大観音寺

前回の続き、なんでもアリのルーブル彫刻美術館よりももっと何でもアリでカオス状態の寶珠山 大観音寺。入り口から、カエル、天狗とお出迎えです。 受け付けでチケットを渡すと、護摩木と妙なコインをもらえます。護摩木に願いを書けば護摩炊き祈祷をしてく…

ルーブル彫刻美術館にいってきた。

フランスパリにあるルーブル美術館ではないです。三重県の山奥にあるルーブル彫刻美術館ですw 駐車場側入り口にはサモトラケのニケ、ミロのビーナス、自由の女神が並んでお出迎え。本家ルーブル美術館の公認のレプリカのが展示してあるとの触れ込みだが。。…

ヨーロッパにいってきた。

和歌山ですけど。。。w Loxia 85mm、良いレンズだな~ DATA この日の機材 SONY α7RⅡCarlZeiss Loxia 85mm F2.4 行ったところ

ならまち遊歩

今年の夏はイベントが中止だったり縮小だったりでちょっと寂しいですね。そんななかでもこのならまちと平城京は夜のイベント開催するようだったので、土曜日、早速向かいました。2か所ハシゴする予定で、アルコール飲めないけど、今回は車で。 奈良に来たの…

城下町長浜を散策してみた

長浜に古い学校が残されているとの事で来てみました。 長浜旧開知学校。滋賀県長浜市の駅前通り沿いに建つ木造3階建、八角塔屋付の擬洋風建築で、国の登録有形文化財となっています。明治7(1874)年神戸町(現・元浜町)に建てられ昭和12(1937)年ここに移…

近江風土記の丘

安土城。言わずと知れた織田信長。安土城址はとても素晴らしいのですが、安土城考古博物館安土城天主 信長の館で予習してから行くと歴史のロマンを感じることができます。でも今回は安土城ではありません。安土城考古博物館がある『近江風土記の丘』をご紹介…

近江八幡を行く~ヴォーリズの街~

近江八幡の街は至るところに西洋近代建築も残されています。ヴォーリズの街といっても過言ではなさそうです。近江兄弟社本社前には銅像も建てられています。メンタームってメンソレータムのばったもんという認識しかなかったのですがいろいろと調べてみると…

近江八幡を行く~旧中川煉瓦製造所とヴォーリズ建築群『池田町洋風住宅街』~

近江八幡の地図を見ていたら「赤煉瓦の郷」という介護施設がありました。GoogleMapで見ると煙突が!近くに行ってみました。 旧中川煉瓦製造所。この跡地に介護施設を建てたようです。いろいろと検索をしていると10年位前までは見学できたようですが、いまは…

近江八幡を行く~ヴォーリズ建築の郵便局、自宅、学校~

近江八幡の町並みを散策していると、江戸時代末期からの商家のなかに、近代建築の建物も目立ちます。青い目の近江商人とも呼ばれているウィリアム・メレル・ヴォーリズによる功績が大きいのでしょう。ヴォーリズは、もとは高校の英語教師として、またキリス…

近江八幡を行く~近江商人の街並み~

近江八幡の新町通り周辺は近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区として選定されています。江戸時代末期から明治にかけて建築された商家が並ぶ道が多くあります。当時の繁栄ぶりを感じることができます。 近江八幡は本能寺の変後、豊臣秀次が八幡城城主になっ…

近江八幡を行く~八幡堀~

7月中旬に訪れた近江八幡を、何回かに分けてアップしていきます。6月中旬くらいから湖東エリアを廻っているけど、やはりここが一番の観光地ですね。さすがに海外からの旅行客や団体客はいないようですが、そこそこ観光客は来ていました。なんか安心します。…